安曇もか
  • Author:安曇もか
  • 安曇もかブログへようこそ。
  • RSS
もかっちのひとりごと
プロフィール

安曇もか

Author:安曇もか
安曇もかブログへようこそ。


B-T


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブロとも一覧


■ ブログ名:RAMAS*たわけた戯言*


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


映画『るろ剣』観ましたよ。
そんなこんなありながら、この前の外耳炎で病院行った時に待合室で「るろ剣」読んで、このところ映画のキャンペーンでデジタル無料配信が1、2巻と7、8巻(映画のストーリーのところ)他をまたレンタルで読んで、映画を観ました!
前編観たら、後編…日を改めようと思ってたけど、すぐ観たいじゃないですか! 時間が合わなくて次が2時間半後…って!
一回帰って(片道15分)晩ごはん後にまた行きましたよ(-_-;)
ナイトショーで安かったですよ…。ナイトショーってものを忘れてた…!

観てから読むか、読んでから観るかとは永遠の問題とはいえ、…確かにまっさらで観たらどうだったんだろうな~とは思ったけど、読んでからだったのでキャラ一人ひとりに愛着というか、映画上では名前も呼ばれないキャラでも「あ、●●●!」とか判ったり。漫画のデザインを実写に上手く変換してあるし。
そしてみんなカッコよかった! もちろんアクションは気持ちよく凄かった。ジャッキー・チェンの映画みた時みたいだと思ったら、やっぱり香港アクションの流れがあったそうで。
キャスティングも剣心、左之助、斎藤、蒼紫はメインキャラだけど、今回は敵の志々雄真実と師匠の比古清十郎は存在感のある特別な役ですからね! 良かったですよ~。もうちょっとこの世界感に浸っていたいなあと。続きやらないかな(笑)
1作目をTV録画してあったのを帰ってから何度も観ちゃいましたよ。

私も一応「幕末好き」ではありますが、函館戦争あたりで新選組と共に全て終わっちゃいまして(^_^;) でも維新直後とかもこのお蔭で面白かったです。
和洋の混じった背景とか、佩刀禁止令とかも。まだまだ幕末のシワ寄せが色濃く残ってて、明治になっていきなり近世になっちゃうわけじゃないのよね。
1作目観てまた思いましたが、鳥羽伏見の戦いの際、ごく近いそれぞれの場所で、いろいろなことがあったんですね~。感慨深い…。
今回の後編『伝説の最期編』は原作とちょっと変えてきてますが、着地点は同じとわかっていながらも、TV予告にもなってる剣心の処刑シーンはハラハラしましたね(^_^;) うん、斎藤カッコいい~v

原作ではこの後も新たな敵が出たり、剣心の過去が明かされたり、薫がえらいことになったり、また前後編の映画作っても上手く収められるかどうかというところですが~。今回は志々雄のキャラも凄かったからな~。絵的に最高ですよね(笑)
あと、弥彦の10歳って無理あるだろ!と思ってたけど、原作終盤の弥彦の戦いが…まさに「少年は男の背中を見て成長する」のね…!という少年漫画的な感動が!
実は蒼紫もずいぶん後半になって好きになったのだった…。
ダメダメになってた剣心が鎖を断ち切って復活するところも気持ち良かった。

また『東京喰種』に戻るかな。新刊出ちゃう~。最終巻か。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://azumimoka.blog116.fc2.com/tb.php/293-ef4480d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)